ようこそみんなの情報サイトへ

ダンヘンダーソンについて

2015.06.08

コメントは受け付けていません。

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

a

ダンヘンダーソンとアメリカ合衆国の総合格闘家でレスリングをバックボーンにもちあのエメリヤーエンコヒョードルにも
勝利している自分より2階級も上の選手に勝ってしまうというところがほんとにすごいとおもいますね。
正直な話ダンヘンダーソンは40歳を超えているというのにいまだにそこが見えていないというのが魅力。
まだまだダンヘンはこれから強くなるんじゃないのかよというくらいに毎日成長している選手だからね。
チームクエスト所属ということでソクジュとチームメイトとは意外だなとおもいますね。
ストライクフォース世界王者でもありプライドの世界王者でもあり現在はUFCに参戦中のダンヘンダーソン
これでUFCでも世界王者に君臨することができればダンヘンダーソンは夢の3冠を達成してしまうわけで。
レスリング界で長期にわたりだいかつやくしていたことでプライドではザ、アメリカンアスリートと呼ばれていた。
ダンヘンダーソンの現役感については日本の格闘技ファンもみんな尊敬の念を抱いているほどである。
40歳という年齢でありながら自分より若い選手に連戦連勝して衰えというものがないダンヘンダーソン。
格闘技の世界は20代でピークを迎えて30代でどんどん弱くなっていく選手もいる中で
ダンヘンダーソンは40歳を迎えてもいまだに強さを維持しているというのがとっても魅力的な選手。
ダンヘンに衰えるとしたら50歳を超えてやっと衰えてくる選手なのではないでしょうか。
にちゃんねるの意見では勢いのある若手がでてこないからだという意見もありますね。
確かにほんとに勢いのある若手が出てきていないというは事実だとおもいますね。
チャンピオンクラスはみんな若いですがそれ以外の若手がなさけないというのが実情ですかね。
ダンヘンダーソンはこれからも進歩していくだろうし本当にこれからが楽しみな選手だと思います。
ダンヘンダーソンはほんとにベストバウトが多く、マウリシオショーグンとたたかったときは
5分5ラウンドの死闘を繰り返しましたし、ほんとにファンの心をつかむ試合がめちゃくちゃ多い選手だなと。
アンデウソンシウバとのタイトルマッチはダンヘンダーソンがプライドとUFCの2冠を達成すると期待を
持っていた人もめちゃくちゃ多くいただろうし、判定で アンデウソンにまけてプライド王座がUFC王座と
統一されてプライドブランドが完全に消えてしまったときはほんとに残念だったなとおもいます。
ダンヘンダーソンがゲガールムサシに敗北してしまったのはあまりおどろかなかったかなと。
ゲガールムサシは打撃もトップクラスでグラウンドもトップクラスでノリにのっているし
底がみえていないしまだこれからも強くなっていく選手。ダンヘンのいいところを全部つぶしてしまったかなと。

ダンヘンダーソンの試合の軌跡

ダンヘンダーソンの試合の軌跡についてまとめていこうかなとおもいます。
リングスのヘビー級トーナメントではアントニオホドリゴノゲイラやギルバートアイブルやレナードババルに
しょうりしており、身長が180cmと小柄ながら自分より体のでかい選手に勝利しています。
ヒョードルなどじぶんより階級の上の選手に勝ったというのもうなづけますね。
そして2000年の12月にヴァンダレイシウバにKO負けしたあとにマウリシオショーグンの弟の
ムリーロニンジャにも勝利しており、グレーシー一族のヘンゾグレイシーにも勝利しており、
いきおりにのりまくっていたときにムリーロ・ブスタマンチにまけてしまい、不幸はここではおさまらず、
リングス時代に勝利していたアントニオホジェリオノゲイラの兄貴の敵をとるというリベンジマッチにまけてしまい、連敗を喫してしまう。
しかし、ここで終わるダンヘンダーソンではなく過去に敗北したムリーロブスタマンチにプライドウェルター級グランプリ決勝戦で
見事リベンジして初代PRIDEウエルター級王者にかえりざいたのである。
しかし次戦PRIDEウェルター級グランプリ2回戦で三崎和雄に判定負けを喫してしまいプライドウェルター王者から陥落。
正直この試合は日本人びいき判定だったためダンヘンダーソンの敗北ではないとおもっている。
翌年の2007年にヴァンダレイシウバとプライド王座統一戦をしてミドル級ウエルター級の2冠を達成。
ステロイドやりまくりのヴァンダレイに勝利してしまうというところにロマンを感じる。
今現在UFCに復帰してプライド時代のライバルたちも皆UFCと契約しておりUFCで過去のライバルたちと
激戦を繰り広げマウリシオショーグンには2連勝で、ビクトーには敗北したもののトップレベルのファイターと
いまなおたたかっているというじょうきょうである。
残念なのはケガの影響でジョンジョーンズと試合できなくてUFCでタイトルマッチが流れてしまったと
いうことだけだろうかと。そのうち連戦連勝すると思うので時期王者になるだろうなと。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

リンク

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁 内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。 アクセス解析について このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。 Googleポリシーと規約 今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。 これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『みんなの情報サイト』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

Amazonアフィリエイト

『みんなの情報サイト』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。