ようこそみんなの情報サイトへ

大和総研学歴フィルター問題に思うこと。

2015.11.19

コメントは受け付けていません。

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

ダウンロード (36)

大和総研学歴フィルター問題に思うこと。
学歴フィルターを設置するのは間違いではないと思う。
だって企業だって給料をはらうわけだし
優秀な人材をとりたいわけなんだからさ。
学歴が高いということは基礎学力はあるし、
勉強しかできないといわれるけれど
最低限勉強はできるということは保障されている。
そう考えれば、勉強も仕事もできない人材をとらなくて済む。
というリスクを避けると思えば当然なことをしているのではないのかな。
学歴フィルターにかかるってことは自分が有名大学にはいれなかったことに
原因があるのだろうし自分ががんばれなかったことを悔やむしかないんだよ。
結局自分が全部悪いし、自分が努力しなかったから自分の元にすべて戻ってきている。
だから学歴フィルターにかかりたくないなら東大出るしかないんだよ。
正直学歴フィルターを通っても最後に見られるのは人間性なのだから
学歴フィルターを通過しても落ちるときは落ちてしまうのだから
そこはこの会社に自分は向いていなかったのだとあきらめるしかないだろう。
就職活動なんて縁でしかないし、どんだけ優れた人材であっても落ちるときは落ちる。
なので学歴フィルターを設置している会社をうけれないと悔しい思いをしても
受けたって落ちることもあるのだからとっととあきらめてほかの会社をうければいいよ。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

リンク

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁 内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。 アクセス解析について このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。 Googleポリシーと規約 今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。 これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『みんなの情報サイト』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

Amazonアフィリエイト

『みんなの情報サイト』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。