ようこそみんなの情報サイトへ

派遣社員におけるメリットとデメリットについて

2015.12.31

コメントは受け付けていません。

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

ダウンロード (64)

派遣社員におけるメリットとデメリットについて

派遣社員は派遣先からこようであるので休日出勤がないところがおおい。とここまで派遣社員のメリットをあげてきましたがメリットがあればデメリットもあるので、デメリットをあげていきます。派遣社員のデメリットその1は正社員と違ってボーナスがでないという点である。正直な話同じ会社で働き同じ仕事をしているというのにボーナスがでないとはおかしいのである。このボーナスでる出ないが日本の雇用問題を語るうえでかなり重要なのである。そもそも同じ会社で働く以上雇用に区別をつけること自体がおかしいのである。雇用形態に名前を付けずに雇用という形でひとくくりにすれば雇用形態で待遇の差がでることもなくなるのである。アルバイトという雇用制度もただの雇用という形にすれば正社員と同じ時間働いているアルバイターの待遇の改善につながるのである。つまり、日本の雇用の諸悪の根本は雇用制度にあるのではないだろうか。デメリットのその2の正社員と違い交通費がでないという点である。この交通費がでないという点もそうだが正社員と同じ時間はたらいても雇用制度がちがうから交通費を出さないのは日本の雇用制度の多様化が招いた欠陥である。正社員と同じ時間働いたら正社員と同じ待遇にするようにしなければ労働者の幸せは守られないだろう。第3のデメリットとして契約更新されないということが起きうる。正社員だとむやみやたらに契約解除をすると裁判をおこされるので契約解除をすることはないが契約社員の場合契約期間がきまっているので契約が切れたら自分自身が契約をしたいとおもっても会社が契約をつずけたくないとおもえば実質上の解雇である。第5のデメリット祝日が多いと給料が減るという点である。契約社員は正社員と違い休日出勤がほとんどないので主日働けない分給料が正社員より少なくなってしまう。第6のデメリットは正社員と区別されてしまうという点である。同じ仕事同じ時間働いていても正社員と待遇も違い、マイナス要素が多くふくまれている派遣社員である。会社ないでも正社員は派遣社員よりも上という待遇であり、派遣社員は会社内でのびのびしごとができないという不安要素もおおくかかえている。その不安要素を取り除くにはどうすればいいのか?それは簡単である。派遣社員という雇用制度をなくせばいいだけなのである。日本の法律で派遣社員を禁止して正社員として雇うようにと法整備すればすべてが解決するのである。第7のデメリットとしてあげられるのは、正社員と比べて福利厚生が悪いという点である。契約社員は福利厚生がないところもあり、老後の生活が国民年金のみになりうることもあるので老後が不安である。デメリット10の昇給がないという点が一番のもんだいである。契約社員がどんなに成果をだしても昇給することがないということは契約社員の仕事意欲をそぎ組織の活性化にたいしてマイナス要素である。なぜ昇給しないのかの根本的な要因は派遣会社にあるのである。派遣会社は労働者から会社に支払われる給料をピンはねして利益をあげているきぎょうである。ただでさえ、企業は派遣会社に労働者の給料以上のお金を払っているので派遣先の会社に賃金アップを求めること自体が無理難題なのである。つまり、どうすればこのような問題を解決できるのか?それは派遣会社自体を法律で禁止するようにすればいいのである。すべての諸悪の根源は派遣会社にあるならばその諸悪の根源をたてばいいだけである。派遣会社がなくなったら仕事を探すのが大変になるという意見もあるが、私はそうとはおもわない。そもそも会社自体が求人サイトなどで社員を募集すればすべてが解決するのである。日本の雇用制度において派遣会社がなくらない限り、労働者支店の雇用制度はうまれないのではないかと思う。またアルバイトと正社員の給料の差もおおきな社会もんだいである。そもsも正社員の給料はそれなりに高いので値上げする必要はないのではないだろうか。ほんとに値上げすべき給料は派遣社員とアルバイトである。アベノミクスで景気がよくなったというのは輸出中心の大手きぎょうだけであり、日本経済は混沌である。そのような状況だからこそ、企業は正社員優遇をやめてすべての雇用する社員に賃金をシェアする必要がある。それがなぜか?不景気になっても正社員の待遇はいいままであおりを受けているのはアルバイトや契約社員である。具体的にどのような不遇な対応をうけているのかというとアルバイトや契約社員がおおはばに給与カットされたり、
されているのである。それにくわえ、突然の首をきられるという悲劇がひきおこされているのである。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

リンク

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁 内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。 アクセス解析について このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。 Googleポリシーと規約 今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。 これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『みんなの情報サイト』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

Amazonアフィリエイト

『みんなの情報サイト』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。