ようこそみんなの情報サイトへ

痛いニュースについて

2015.06.19

コメントは受け付けていません。

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

痛いニュースについてというかにちゃんねるまとめサイト全般にいいたいんだけど
どこのまとめも同じ記事をコピペしすぎて検索に同じ記事が連続すると検索の邪魔。
大手まとめサイト同士も記事がかぶっているしもう少し自分で記事をかんがえたらと。
自分がアフィで儲けることに躍起になりすぎて記事を量産することしか考えてないのかと
おもってしまうし、もう少し創意くふうでもしてもらわないと読者が離れていくよと。
最近のまとめなんてどこも同じような記事ばかりだし、痛いニュースみてればだいたい
ほかのまとめとかぶるし痛いニュースだけみとけばいいんじゃねと思うことも多々ある。
結局まとめ運営者(痛いニュースも含め)読者に自分の考えをつたえたいとかないんだよね。
金さえ儲かればいいというスタンスばかりで、弱小まとめなんかも大手の記事をコピー&ペースト
するようなことばかり。痛いニュースもはじめは弱小だったから大手に頭下げて相互リンクしてもらったり
してアクセス稼いでいるんだろうし、大変な面はあると思うけど、サイト運営で大切な
特別な自分しか知りえない情報を発信するということをせずに他人のコンテンツで金儲けするスタンス。
なんかサイト運営の根本からかなりずれているというところをはしっているのではないだろうか。
痛いニュースってこれから衰退していくんだろうなと思う。ユーザーもにちゃんの人のはきだめコメント
にあきてくるだろうし、もっといい情報はないかとおもうだろうし、グーグルもコピペにもっと厳しくなるだろうし
痛いニュースというサイトが検索で日の光をあびることも少なくなる日もそう遠くはないのではないか。
僕はまとめサイトはみるけれど、同じ記事は検索に一つしかいらない。
情報を求めて検索しているのに同じ情報が重なるってどうかしてんじゃないのって。
IT速報をみていてきづくのは誰もふれていないまとめをまとめたから伸びたんだなって。
これだけまとめが横行してきてみんな同じことをまとめている時代で周りと違う情報をもとめれば
ユーザーが集まるということをIT速報が証明したんじゃないのだろうか。
今からまとめやる人は痛いニュースのようなサイトよりIT速報を参考にしてサイトつくるべきだ。
要するに誰もが持っている情報より、誰も知らない情報をサイトに載せたほうが検索が評価するだろうし、
やはり誰もが求める情報はユーザーが興味がなくなってきているのでまとめも変わるときがきたのかなと。ブログランキング参加してます。応援クリックお願いします
    ↓

日記・雑談 ブログランキングへ

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

リンク

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁 内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。 アクセス解析について このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。 Googleポリシーと規約 今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。 これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『みんなの情報サイト』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

Amazonアフィリエイト

『みんなの情報サイト』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。