ようこそみんなの情報サイトへ

ジョンジョーンズがタイトルはく奪されたことについて

2015.06.10

コメントは受け付けていません。

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

a

ジョンジョーンズがタイトルはく奪されたことについて

ジョンジョーンズがタイトルはく奪されたのはUFCはいい判断をしたと思う。
コカインを吸って交通事故を起こした挙句ひき逃げするのは人間としてどうかしているし、
チャンピオンであるということは人間性も求められるし犯罪を起こした選手を王者のままと
いうのはなんだか釈然にしないと皆がおもってしまうというのは当たり前のじじつなだけに
ズッファが常識的な判断をしたというのは歓迎すべき事実であると思う。
でもジョンジョーンズが一番強いのは誰もがわかっていることでジョーンズがいなくなった
後王者になったとしてもそれは本物のチャンピオンではなく暫定王者みたいなものなのである。
結局ジョンジョーンズは1年くらいしたらUFCにカムバックするしダニエルコーミエと再戦
することになる。
ジョンジョーンズがダニエルコーミエに負けてしまう要素を上げるとすれば練習不足で弱くなっている。
コカインやマリファナをしている状態で練習にうちこめているのだろうかという問題がでてくる。
ジョンジョーンズはこのままでは練習不足でいつか負けてしまうだろうし、入院中は間違いなく
練習不足だろうし、これからどんどん弱くなっていってしまうというのは間違いない。
ジョンジョーンズは苦労もしていないし天才だからこれが初めての挫折だといえるでしょう。
この大きな挫折をどう乗り越えていくのか皆が注目していることだし、ジョンジョーンズが
このまま消えてしまうのかどうかも皆がきになることでしょう。
結局ジョンジョーンズVSアンソニージョンソンも成立しなかったなあ。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

リンク

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁 内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。 アクセス解析について このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。 Googleポリシーと規約 今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。 これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『みんなの情報サイト』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

Amazonアフィリエイト

『みんなの情報サイト』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。