ようこそみんなの情報サイトへ

猫の殺処分が起こってしまうことについて

2015.06.21

コメントは受け付けていません。

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

猫の殺処分について思うのは動物は家族であるというのに殺処分される猫が多くいるということは
猫をもの同然にしか思っていない輩が多いということにがっかりしてしまうのである。
結局動物だって人間と同じ命をやどしており、猫だって人間と命の価値は同じである。
動物の命を所有物かなんかとおもってんじゃないかと思ってしまう。
世話ができなくなると思ってんなら最初からかうなとおもってしまいますし。
猫という生き物は人間の気分一つで保健所に送られてころされてしまうなんて不幸だし
なにしろ人というのは自分の気分一つで命をうばってしまいなんとも思わない人間がいるという事実。
正直そういうふうに動物を生き物だと思えない人はいつか思わぬ形でバチがあたるだろうね。
野良猫がふえるのも猫が殺処分になってもらいたくないという思いからだろうし、
それでも野良猫になって車にひかれて命をおとすこともあるわけで飼いネコにたいして
家族だという気持ちがあればそう簡単にすてないだろうし、結局はペットとしてでしかみれてない。
野良猫になれば基地外に攻撃されて命を落とす可能性だって0ではないわけだし、
猫の立場にたって物事をとらえてから捨てるかどうかもかんがえてほしいなとおもうわけです。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

リンク

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁 内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。 アクセス解析について このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。 Googleポリシーと規約 今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。 これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『みんなの情報サイト』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

Amazonアフィリエイト

『みんなの情報サイト』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。