ようこそみんなの情報サイトへ

中国猫を食べる文化について

2015.08.20

コメントは受け付けていません。

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

ダウンロード (3)

中国猫を食べる文化について
正直猫料理と検索すると猫が調理された写真がめちゃくちゃでてくるのだけど
見ていて気分のいいものではないし、中国人を軽蔑してしまう。
猫が好きな人からしたら猫を食べる中国人に殺意がわいてしまうんじゃないのかなと思うし
結局中国人は猫以外に食べるものがあるというのに愛玩動物である猫をたべる。
ほんとに猫はペットであって食料ではないんだから食べるなよと言いたくなるし
中国人ってやばんな人種なんじゃないのかなと思ってしまうわけです。
中国人は猫を毎年400万匹もたべているようだけど、
毎年中国人のせいで400万匹も命を落としている猫がいると思うと寒気がする。。
中国人からしたら猫はいきるためにたべなければいけない食料でしかないのだけど。
日本人からしたらそういう風には決して思えないからそこが中国人と日本人との意識の差。
やっぱり国と国との間での意識の差というのがあるのだろうと思う。
人間がいる限り命を落としてしまう動物がたくさんいるわけだし
かわいそうという一言でかたずけられない問題というのは間違いないとは思うのだけど
猫すきとしては気分のいい文化では決してないというのが答えとしてみちびきだされるんだよ。
中国人は豊かになってきているんだから猫ではなく豚とか牛とか家畜をたべてもらいたいのだけど
そういうと牛は猫より劣るのかという輩も出てきてしまうわけでむずかしいわなと思う。
猫はかわいいけど牛はかわいくないという個人的価値観でおわらせてしまうというのは簡単。
結局猫を食べる人は猫に対しての愛がないからエサとしてでしか見れないというのがすべてなんだよね。
エサに慈悲のこころなんていらないからへいきでたべれるのだろうし、かんたんなことなのだろう。
彼らには彼らの価値観があり、すきなものも様々であるから猫でも平気でたべれてしまうというのがすべて。
ほんとに人間というのはいきるために命をうばっていきているだけに、他動物に迷惑をかけているなと。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

リンク

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁 内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。 アクセス解析について このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。 Googleポリシーと規約 今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。 これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『みんなの情報サイト』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

Amazonアフィリエイト

『みんなの情報サイト』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。