ようこそみんなの情報サイトへ

若者が成長するためには必要なこと。

2015.12.30

コメントは受け付けていません。

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

376d1608eb3846469d29a0a2672601ff-246x200

若者が成長するためには必要なこと。

若者が地域社会に参加することによって得られることはあるのか?それともないのか?。若者はだだでさえ経験不足で、
自分自身で考えて行動することができていない。それに付け加えて、地域つくり以前の問題に労働すらしたことがない若者が多くいるという現実がある。地域つくりに参加する前に若者はやるべきことがあるのではないのか?アルバイトという形で底辺をしり、どんな過酷な労働環境でも働ける力をやしない社会に貢献し税金を納め国の役にたつということが一番地域つくりに役立つのである。ブラック企業が増えて若者が楽しく働ける場所が減ったといわれているが、苦しいから働かないという若者が増えれば増えるほど地域は活性化しないで泥沼化していくのである。つまり地域活性化するのに不可欠なのは、労働者の数と雇用の数なのである。ボランティア的な活動で地域に貢献するという考えもあるが、お金にならず社会でいう生活するため必要不可欠な活動ではなボランティアをしても、若者の精神力も鍛えることはできず、明日を生きるための生活費もてにはいらず、生活しこの世界を生きぬくという面ではボランティアはベストな行為ではない。ボランティアな活動をする前に親のすねかじりからぬけだし、自分の生活に余裕ができたら、ボランティアをするというのがベストなのである。地域つくり活動で多くの大人と出会うことで、自己成長できるという意見もあるのだが、人間的に成長するにはそんな簡単にはいかないのである。いかにしてつらいということを体験し、どんなつらいということでも耐えれるようになれる人間になり、自分なりの人生のプランを決めるかが必要である。いかに社会性があろうとうつ病になるような弱い精神のもち主では社会では通用しないし、どんなつらいことがあってもある程度のことならたえれる人間のほうが世の中では成功できるのではないのかと思う。現在の若者は能力があったとしてもたりないものが多々ある。それは、忍耐力と礼儀である。忍耐力と礼儀は社会力とはまったく別のものであり、社会で生き抜いていくために必要不可欠で他者に不快なおもいをさせないための必要十分条件である。たとえば、社会力すなわちコミュニケーション能力があったとしても先輩にたいしてため口などをつかったり、初対面の人に対して不快なことをいう若者が社会の大人たちにうけいれられるかといえば、結論的にはこいつ人のことをバカにしてるのかと思われ、嫌われる。また忍耐力の場合もそうである。いかに社会性があっても忍耐力がなければ簡単にしごとをやめてしまうのである。つまり、いま若者に求められているちからは忍耐力と礼儀力なのである。なぜ礼儀と忍耐力が若者から失われたのか?それにはどうすればいいのか?学校教育の見直しである。学校教育では勉強などの教育は行われているが、いかにして忍耐や礼儀を学ぶのかについてあまり行われていないのが現状である。どうすれば学校教育がかえれるのか?それについては学校という場所が勉強以外に必要なことをしっかり学べるような場所にすれば解決できるとおもう。勉強以外の道徳や礼儀をしっかり学べるような教育環境をつくりだすことも必須である。豊かな社会になり、何不自由なく育ってきた若者が経済成長が終わり育ち切った社会で若者が求められているものとはなんなのか?それはどんな労働環境でも生き残ることができる、環境適応力である。企業というのは残酷でいつつぶれるかわからない、いつリストラされるかわからないこのような過酷状況下であっても、社会のせいにせず、自分に足りないものがなんであるかを自分自身で見つけダす能力である。つまり、自分のまわりにふりかかる災難をまわりのせいにしているようでは若者に成長がないのである。よく若者はやりたいことがみつかったというがそれは自分自身の思い込みであり、実際にやってみないことにはやじたいこおじたいわからないのである。要するに何もやったことないのにやりたいことを決めつけるというのは自分の可能性を狭めているだけである。人間、生まれてきたこと自体に意味などないのだから、さまざまなことにチャレンジすることで可能性が生まれてくるのである。グローバル化やIT化が進み、少子高齢化が進行し、労働者人口が減る日本を活性化させるにはどうすればいいのか?それにたいしての答えはひとによってさまざまである。国家単位で増税してでも子供にかかる教育費を各家庭に援助したり、子供がいる糧に対して手厚い保護をしたりするべきである。そうすることによって子育てしやすい環境をつくりだすことができて少子高齢化の問題も解決できるだろう。
日本社会が求めている若者像とはどういうものであろうか?日本社会が求める若者とは自分自身で考えて行動し、創造力があり、どんな苦難があっても乗り越えようとする印材である。やはり、自分で考えて行動する人間は魅力てきである。なぜ魅力的なのか?仕事においてもだれかに命令されるまでなにもやらない人間より自分で考え行動し、てきぱき動ける人間のほうが会社からしたら命令する必要もないし、自ら行動してくれるので手間暇もかからないので魅力的である。創造力とはこの日本ではかなり必要とされている能力である。人のまねごとではなく、自らあたしいことをつくりだすことにより、会社の利益をうみだし、会社のブランドアップにも役立つことができるのである。創造力がない若者が多い会社はますます成長していくし創造力に乏しい若者がおおい会社は衰退していくのではないかとおもう。地域社会やボランティアが活性化するために必要不可欠なのは、自分で考え行動することのできる若者が増大し、若者同士で力をあわせて新しいことにチャレンジすることである。ボランティアはやはり行動力ができないとできることではないので、新しいことに挑戦する若者がふえることこそボランティア活動もかっせいかし地域社会も活性化するのである。現在の若者はこの競争社会の中で結果をだすために試行錯誤している。このような厳しい社会で競争に勝ち抜き経験を積んだ若者がボランティアや地域つくりにさんかしたらランティアや地域つくりはますます活性化していき、日本経済にも好影響を与え、経済もすさまじいスピードで成長するという結果を招くのである。試行錯誤すればするほど若者は自己にたいして深く考え、自分とはどういう人間であるのかを自己分析し、自分自身の成長にもつながる。若者がNPO活動やボランティア活動をしようとしてもおおきな問題がある。若者は老人と違いお金をもっていないので慈善活動をしようにもできない。自分の生活すら不安定であるのに慈善活動どころではないのである。そのような問題をどのように解決していくのか?それは会社自身がNPO活動やボランティア活動を行うようにするような社会をつくることでかいけつされるのである。どうすれば、このような理想てきな社会が構築されていいくのか?まず第一にそれなりの規模の会社は慈善活動をするよう法律でさだめる。法律にさだめれば企業自身は慈善活動を行うしかなくなり、若者はNPO活動や地域つくりに参加するチャンスを得ることができる。生きるだけでも苦しい社会で地域つくりやボランティアやNPO活動などをしようとおもうなら企業と協力してやっていくしかないのではないかという考えもある。地域つくりに参加できるのは親に寄生している大学生などの一部の若者だけであり、親から自立し日々の生活で精いっぱいの若者にはたして地域つくりに参加する時間があるのか?結論は時間すらとれないのである。地域つくりを若者にさせるという空想論ばかり述べるのも結構だが、現実の考えは若者に地域つくりを押し付けるだけではなく、毎日が自由な老人にこそ地域つくりを押し付けるべきではないのか?結論的に私たちがいきている社会は若いときはすさまじいほどいそがしく年をとればとるほど暇になるのである。この若者が地域つくりに参加できない原因はそこにある。この問題を解決するには何が良策なのか?この良策について考えていきたいのである。そもそも老人ほど自由になるというのは終身雇用制が問題なのではないか?老人が働くのをやめて自宅にこもるようになればなるほど老人は地域社会は活性化しなくなる。ただでさえ人口が減り、労働者人口がへっていく。老人がはたらかなくなり若者が働けば働くほど、NPO活動をしたり、ぼらんてぃあ活動をする時間がなくなっていくのである。だからといって老人が働けば若者の働く場所がへり、若者の就職状況があっかするということをまねきかねない。ならば、どうすればいいのか?答えはいたってシンプルである。若者にかわって老人がNPO活動やボランティアをやればいいのである。時間があまっている老人はNPO活動やボランティアをなかなかやろうとはしないところこそがもんだいなのである。面倒なことは若者にまかせ、労働もせずに年金くらしでボランティアもしない。自分のことは棚にあげて若者にボランティアやNPO活動をしろと求めるところこそが問題の本質ではないだろうか?いちばんいい形は若者だけではなくすべての世代がボランティア活動やNPO活動をするがいい形なのである。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

リンク

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁 内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。 アクセス解析について このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。 Googleポリシーと規約 今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。 これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『みんなの情報サイト』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

Amazonアフィリエイト

『みんなの情報サイト』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。