ようこそみんなの情報サイトへ

シバターについてまとめてみた。

2015.07.11

コメントは受け付けていません。

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

a

最近youtube界でめきめきと頭角をあらわしてきているyoutuberがいます。その名はシバター。
シバターさんはヒカキン著僕の仕事はyoutubeという動画を燃やして一躍時の人に。
正直本を燃やすという過激なパフォーマンスは斬新でしたが、やりすぎな感じもいなめず、
youtubeで多くのアンチとファンを生み出してしまうという結末になってしまいました。
その炎上スタイルが功を奏しいまではチャンネル登録者数20万人越えの大物youtuberに
正直炎上をするスタイルでリアルでもがきに悪戯をされるなど被害にあっているし
ときなまナチュラルに殺人予告されるなど大変な目にあっているシバターさん。
正直子供はやっていいこととやっていけないことがわからないやつがおおいからね。
シバターさんにリア凸したら迷惑だということもわからないのだろうね。
シバターさんはプロレスラーでしかもつよいのでリア凸にびびることもないでしょうね。

シバターの年収

シバターさんの年収は1000万をこえてしまったといわれています。
つい最近月収100万円を超えて勝ち組への階段をのぼっているそうですね。
ほんとに炎上の第一人者のことだけあって再生回数もチャンネル登録者数もうまうまのシバター。
youtuberってそこらへんのサラリーマンよりごっついかせげるなんてめちゃくくちゃうらやましい。
だって毎日動画とっているだけで年収1000万円とか人生イージーモードじゃん。
おれだってこれくらいイージーな人生おくりたいぜとおもっている人も多くいると思います。
でもyoutubeは1クリックあたりの広告単価がさがれば明日から生活できなくなるという
リスクをかかえているわけでそこまで理想的な職業ではないとぼくはおもっていますね。
シバターさん自体もリアルで成功できないやつらがやるのがyoutubeと発言していますからね。

シバターの商売道具

シバターの商売道具といえばヒカキン。
ヒカキンをネタにしてバカにすることでヒカキン信者を動画に呼び込み再生回数を稼ぐスタイル。
正直ヒカキンのことは別に嫌いでもなんでもなく、ただ利用しているだけというのが本音だろう。
ヒカキンさんとシバターさんはリアルでは結構仲がいい説が流れているようです。
ヒカキンさん自体もシバターさんにネタにされることで話題になるしプラスですからね。
ほんとにシバターがヒカキンをネタにすることでどちらもWINWINな関係になっているようですし
ほんとにいい関係なんじゃないのかなと僕はおもっていますね。

シバターとオワ吉

最後にシバターさんのところでよく売名しているオワ吉について書いていきます。
シバターさん自体はオワ吉はつまらないから絶対にのびるわけないといっていますが
つまらないヒカキン、セイキン、ますおでものびているんですからのびないはずなんてありません。
オワ吉君でさえ売名が成功すればyoutubeで成功をつかむことが可能なのです。
結局シバターさんもオワ吉をツイッターでなんどもネタにしてあげて売名のお手伝いをしてあげるところはやさしい。
オワ吉くんもシバターさんになんだかんだ感謝しているだろうしほんとにお互いネタにしあえる関係はいいね。
シバター自身も人気がないときがあったからオワ吉君を売名してあげているんだろうからね。

シバターのこれから

シバターさん自身も最近チャンネルBANを恐れて面白い動画がへってきている。
正直このままでは視聴者がはなれかねないんじゃないのかなと思います。
だからこそ昔のスタイルに変化することをファンはきたいしています。
シバターさんにも生活があるから過激な動画をあげることをさけているし
だからこそニコニコ公式動画ではもっと過激な動画を上げていってほしいなと思います。
youtuber大好き
シバターというyoutuberについて思うことを書いていこうかなと思います。
シバターは炎上して再生回数を稼ぐyoutuberなんですが、最近はあまりおもしろくない。
面白かったのは昔でいまはネタ切れ感があって昔より勢いが落ちているのかなと思ってしまいます。
昔のシバターさんの勢いはどこへいってしまったのかとファンとしては心配にしています。
昔はユーチューブで再生回数を稼ぐためにがむしゃらだったけどいまはそんなに努力しなくても
再生回数がかせげるためがむしゃらさがなくなってしまったのではないのかと分析しています。
やはり人はがむしゃらなときが一番おもしろいしそれがなくなってしまうとつまらなくなってしまうのでしょう。
過去はほんとに炎上の中にも笑いがあったんだけど今はただ文句をいっているだけの動画も結構増えてきて
一部のひねくれた子供が夢中になってシバターの動画をみているという厳しい現実があるのかなと。
シバターはメグウィンの金魚をサばいてかってに料理していたときが一番はっちゃけてておもしろかったけど
今は守りにはいっている感があってなんか物足りないという人がほんとに増えてきているとおもう。
だって攻めているyoutuberはチャンネルがBANになろうがきにしないけれど守りに入っている
youtuberはチャンネルがBANになることを恐れて過激な動画がへっていってしまうんじゃないのかなと。
で、そこからチャンネルを守るために必死になってしまってつまらない動画がふえていってしまうと。

シバターの出身大学

シバターの出身大学は立正大学であまり偏差値もたかくなく、シバターさん自身もエスカレーター式で
立証高校から立正大学までのぼっていったみたい。
正直シバターさんは自営業だからいまとなったら学歴なんてものはふようだし、学歴に固執する必要もない。
そこがyoutuberのいいとことろだよね。ユーチューブがすたれない限りシバターさんは安泰だし、
ユーチューブがこのまま同じページビューがあるサイトのままなら一生働かなくてもいい生活がまっている。
結局シバターさんの人生はグーグルとともにあるといっても過言ではないところまできているのではないだろうか。
グーグルと一心同体なのはビジネスとして欠陥はあるのかもしれないけれど、社畜でも会社がつぶれれば明日から
ニートんみたいなわけで社畜だから安定という時代はとうにすぎさっているのである。
そう考えたらシバターさんはすきなことでいきていっているみたいだし、人生たのしんでてすごいうらやましい。
楽して金を稼ぎたいという思いは誰にだってあるし誰しもが毎日会社にいきたいとは思っていないはず。

シバターとプロレス

シバターさんは総合格闘家でもありプロレスラーでもある立派な格闘家である。
ユーチューブがつぶれてもプロレスがあるのでユーチューブに依存しなくても生きていけるだろうし
ユーチューブがなくなっても生きていけるように毎日ジムで練習しているし
プロの試合にもでているし人生ユーチューブという形ではないのでそこらへんのユーチューブよりは
未来があるのではないかと思う。
基本的ユーチューバーは毎日が暇でやることがなくあそびまわっているやつらばかりなのだが、
シバターさんはそうではなく暇さえあればトレーニングしているし暇さえあればプロレスの仕事をしている
プロレスラーとしての収入は微々たるものであるがユーチューブで成功してしまったから
プロレスで成功しようがしまいがもうどうでもいいんじゃないのかなとさえおもてしますね。
金をモチベーションとして頑張るものだしそれがうすれてしまうと頑張ろうという気持ちも日に日に薄れてきてしまうだろうし
そうなるとプロレスより動画投稿のほうに本気をだしていくんじゃないのかなとおもってしまうんですよね。

シバターとおのり

シバターは親友だと思っていたおのりに彼女のローラをとられてしまい、それに激怒したシバターは彼女のローラ
とも別れてしまいいまは完全にひとりぼっちになってしまったのである。
シバターは正直親友のおのりに裏切られて心底きづついてしまい人生ユーチューブになってしまっている。
最後にいいたいことはひとはかんたんに信用なんてしてはいけないということである。
人はいつ裏切るかなんてわからないし自分を裏切ってどこかに行ってしまう可能性をひめているのだから。

シバターのオフ会

シバターのオフ会はがきばっかでシバターの視聴者はこどもしかいないということがはんめいしてしまった。
シバターチルドレンはシバターさんに憧れるがあまり、動画で犯罪行為を行ってしまうことも多い。
結局シバターも最近子供向けの動画が増えてきているしヒカキンから教わったのかユーチューブは
べつにおもしろいことなんてしなくても再生回数をかせげるというレベルにまできてしまったためか
子供向け動画がめちゃくちゃ増えてきているのではないだろうかとおもってしまうのである。
シバターは子供に人気があるしコメント欄も子供であふれており、将来はシバターさんみたいな
ユーチューバーになりたいとおもっているチルドレンであふれかえっている。
しかし一芸もなんにもないこどもがシバターさんみたいに有名になることはめちゃくちゃ難しく無理な話なので
あきらめたほうがみのためなのではないだろうかとおもってしまうわけです。。
シバターのオフ会に参加してもシバターと友達になれるわけもないし
シバターさんみたいな大人がわざわざプライベートでキッズの相手をするほど暇なことなんてありえないのだから。
そんな暇があるなら女性を口説き落としているというのがシバターさんじゃないのかなとおもいますし。
シバターさんはオフ会をしてだれでもあえるということをしてくれるのでスターではなく身近にあえる有名な人。
そういうことをするのでそこはいい人なんじゃないのかなとこじんてきには思いますからね。
スターだとおもっていたら会うだけでもお金をとったりしてしまいますからね。
そういうことをしないということは結構ファン思いだったりするのではないのでしょうかね。

年収1200万のシバターさんが株式会社プロレスリングシバターを設立

最近年収1200万のシバターさんが株式会社プロレスリングシバターを設立したということで
ユーチューブ界はそのことで大盛り上がりしていますが正直シバターさんが起業したことで
ユーチューブの動画投稿だけでも社長になれてしまう時代がきたんだなと思った人も多いでしょう。
そうか俺もyoutuberになれば起業もできて成功者になれるんだという勘違いしたやつらも多いだろうし
お金儲けするにはユーチューブが必要なんだと再確認した人もおおいことでしょう。
やっぱりシバターはすごいし、たった2年くらいでユーチューブのスターになってしまった。
運と実力がなければできないことだろうし素直にすごいと尊敬してしまいます。
結局シバターはユーチューブで自己表現をしていろんな人に認めてもらっているし
そのおかげでプロレスラーとしての仕事も増えてきているということで
ユーチューブで夢を叶えていっている成功者の一人なんじゃないのかなと。
ほとんどの人が会社に寄生することでしかいきていけないのにシバターはそうじゃない。
自分で金を稼げるスキルをもっているということをもっと誇っていいんじゃないのかなと。
社畜でしか生きる方法がない人よりはよっぽど人間らしい生き方をしているし
うらやましいと思っている人もめちゃくちゃおおいんじゃないのかなとおもいますね。
正直動画をあげるだけで大金を稼げるなんてすごい時代がきたもんだなあとおもってしまいますが。
しかしいつまでこのユーチューブブームがつづくかどうかも不透明なのでユーチューブに熱意を傾けすぎるのも
どうかしているんじゃないのかなとさえおもってしまうんですよね。
シバターが天下をとれる時代はどこまでつづくのかときになってしまいますね。
シバターがにんきがなくなればほかの人が人気を獲得するだけなのでそこは栄枯盛衰ではないでしょうか。
いつの時代も弱肉強食ですからね。どこまでシバターが活躍できるかも確約されていません。
だけど一山をあてればそれなりの富をえることができるのでしっかり貯金しておけば
廃れても当分の間はいきていけるのでいうほど心配することなんてないとおもいますからね。

シバターはおもしろくない

最近のシバターさんの動画は人を誹謗中傷するだけで笑えるという要素が一切なくて見る価値があるのか疑問。
やはりネタを最初のほうでつかいすぎて最近ネタがなくなってきてしまっているというのがおおきんじゃないのかなと。
このままつまらない動画をあげつづけると大人の視聴者はどんどんはなれていくんじゃないのかなとは思いますが、
キッズはつまらない動画でもみてしまうのでシバターが人気がなくならないというのはふどうなのではないでしょうか。
面白い面白くないより、わかりやすいというのをユーチューブキッズはもとめているのでそういう動画で十分。
あまりおもしろいとかおもしろくないとかそういう質にこだわらなくてもいいのではないでしょうかね。
シバターも人気がでてきてテキトーに動画あげても再生回数が稼げるようになってきてから手抜き動画が
増えてきていますし、本気で面白いことをやらなくても金が稼げるということにきづいてしまったのでしょうね。
それほどシバターは楽をしているからつまらなくなってしまっているというのはいなめないのではないだろうか。
正直売れるまでは必至だからおもしろいわけでその必死さがなくなってしまうと面白くなくなってしまう。
慢心が生まれるとひとはつまらなくなるということを教えてくれたのでシバターさんには感謝しないといけない。
自分でおもしろいと決めつけてしまってしまい、つまらないものを面白くしようとする努力がないので
それが動画にもろに表れてきてしまっているので本当につまらないので、そのうちきえてしまうんじゃないのかなと。
正直シバターは自分が特別な人間だと思い始めてきているし、そこがなんだかすきになれなくなってきている。
どちらにしろ。もっと謙虚になってもらいたいなとおもいますね。そうなれば面白かったシバターさんがもどってくるだろうし
シバターさんは動画はつまらないけれどツイッターでいろんな大物ユーチューバーに絡みに行ったりするのを見るのはおもしろい。
つまりツイッターはみるけれど動画はいっさいみないという風になっているのがいまの僕のじょうきょうなのではないのかなと思います。
シバターがもっと面白いコンテンツをつくればみるんだけどつくらなければみないという姿勢を貫いているというのが正しいでしょうね。
結局コンテンツが適当になってきているのを視聴者が感じ取っているだろうし、シバターの今後の人気はどうなっていくのだろうか。

シバターチルドレンにいいたいこと

シバターさんの動画を見ているガキは基本的にひねくれているしまっとうではないんだよね。
人を誹謗中傷するのをみておもしろいおもってしまっていたり少しおかしいんじゃないのかなと。
人を誹謗中傷するだけの動画のどこがおもしろいのか個人的にはいっさいわからないし。
結局自分ができないことをどうどうとやっているシバターさんにあこがれを抱いているのではないのでしょうか。
なれない自分になってしまっているシバターさんに対してすごいなという思いもあるからつい見てしまう。
人は基本自分ができないことをしてくれる人に惹かれてしまうというのが性ですからね。
そういう人を引き付けるものに弱いのがシバターチルドレンじゃないのかなと僕自身はおもってしまっています。
人気者は人が恥だとおもうことを恐れずに挑戦するから人気者のままでいられてしまうのである。
それが人気者であるが故のこたえなのかなとおもっていますからね。
賛否両論はありますがキッズではあるけれども再生回数を稼げるということはそれなりにみりょくがあるのでしょう。
そうでなければここまで圧倒的な人気をシバターさんが獲得できる未来はなかったのだろうと思いますから。
シバター好きなのはいいのだけど自分がシバターみたいになりたいならもっと行動しろといいたいね。
なんもやらないでシバターさんみたいにはなれないのだからもっと行動していってもらいたいなとおもいます。
シバターさんは割と面白いしこんなところで終わるようなじんざいではないので、追いつくことは難しいけれど
シバターチルドレンも憧れているならシバターを超えるくらい面白い動画をつくってもらいたいなとおもいます。
シバターさんにはおれはこんなもんじゃないという動画をもっと作ってもらってシバターチルドレンの憧れとして
もっともっと輝いていてもらいたいなとさえ僕はおもってしまいますよ。
なのでもっと努力して頑張っていってもらいたいなと個人的にはおもっています。
シバターは最近つまらないけどそう言われないように面白い動画をファンはきたいしているので
その期待に応えてもらいたいなと俺はそうおもっている。

シバターに関する記事

シバターうざいという糞ガキwww。
シバターきもい
シバターごっこというアプリ。
シバターの本を燃やす動画が消されたww
シバター嫌いな人が続出。。。。
シバター死ねといわれまくるww。
シバターの弟にぶち切れするシバターさん。
シバター月収について
シバターごっこ+PLUSについて

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

リンク

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁 内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。 アクセス解析について このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。 Googleポリシーと規約 今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。 これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『みんなの情報サイト』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

Amazonアフィリエイト

『みんなの情報サイト』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。